白い肌、透明感のある肌、明るい肌に憧れるという方は多いですよね。

シミやソバカスがなく透明感にあふれた肌の持ち主は憧れの的となり、そうした方が身近にいるとどんなケアをしているのか気になってしまうもの。

そんな美白をしたいと考える方はエリクシールホワイトと雪肌精の特徴を比べ、どちらが自分の肌に合うのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

エリクシールホワイトと雪肌精ではどんな違いがあるのでしょうか。

エリクシールホワイトと雪肌精を見比べてみよう

エリクシールホワイトも雪肌精も一度は聞いたことや見たことがある方が多いでしょう。

どちらもドラッグストアや総合スーパーなどで販売されていることが多く、広告も有名な女優が務めていることから認知度が高いという部分がありますね。

エリクシールホワイトは資生堂から、雪肌精はKOSEから販売されているという違いはありますがどちらも名前の通り美白をメインとしたスキンケア商品を取り扱っています。

ではエリクシールホワイトと雪肌精のそれぞれの商品特徴をみていきましょう。

チェック1:エリクシールホワイトは?
エリクシールホワイトは、エリクシールの商品特徴である「つや玉」の効果はそのままに、ハリや弾力、みずみずしく明るい顔印象をもたらすことのできる大人の美白ラインです。

美白有効成分4MSK(4—メトキシサリチル酸カリウム塩)を配合し、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぎます。

エリクシールホワイトはエイジングケアをしながら美白もしたいという肌悩みを持つ方に向いているラインであり、大手口コミサイトのアットコスメでも賞を受賞している実力派のスキンケアが揃っています。

エリクシールホワイトからは化粧水、乳液、美容乳液(日中用)、クレンジングオイル、クレンジング、洗顔、美白濃密クリーム、美白ジェルクリーム、マッサージクリーム、収れん化粧水、パック、マスクといったベーシック&スペシャルケアアイテムが販売されています。

これだけ多くの商品が販売されているので、初めから最後まで一通りスキンケアをエリクシールホワイトで全て揃えてしまうこともできるのが嬉しいですね。

チェック2:雪肌精は?
雪肌精はブルーのパッケージが印象的ですが、シリーズによってはパッケージの色が異なるのはご存知でしょうか。

雪肌精自体が美白をメインとしているスキンケアラインであり、つやつやとしたすっぴんや透明感を大事とし、肌本来のピュアな透明感へ導くことを目的としています。

雪肌精は和漢植物を配合していることが特徴的で、和漢植物の成分によって肌の保湿や乾燥によるくすみを防いで透明感のある肌に導く効果に期待がもてます。

化粧水、乳液、洗顔、クレンジング、アイクリーム、朝の美白乳液、日中用美白美容液、クリーム、美白パックなどエリクシールホワイトと同じように全てのケアを雪肌精で揃えることが可能です。

エリクシールホワイトはエイジングケアをしながら美白をというラインでしたが、雪肌精は主に美白を目的としています。

またエリクシールホワイトは大人向けの美白ラインですが、雪肌精は新垣結衣さんがCMを務めていることからもわかるように20代~30代の肌悩みを中心としたケアアイテムが販売されています。

雪肌精のなかでも別ラインである雪肌精シュープレムは“30代に入ってから肌悩みが気になりだした方向け”と言われるように雪肌精の中でも年齢層に分けたシリーズも販売されています。

自分の肌悩みはどういったものなのか、年齢による肌悩みなのか?という部分もあわせてチェックしてみると、どのラインが自分にあっているのかがわかるためそうした部分も照らし合わせて見てみると良いですね。

エリクシールホワイトと雪肌精の違いは多い!

エリクシールホワイトと雪肌精は美白ラインという部分は共通しますが、配合されている成分も違えばターゲット層も異なります。

自分が今感じている肌悩みはどういったものなのか、今後どういうケアをしてどうなっていきたいのかを考えてみるとどちらのブランドを選べば良いのかが見えてくるでしょう。

価格の違いなどもあるため自分に合うのはどちらなのか、まずは店頭で試してみるというのも良いのではないでしょうか。