スキンケアを新調するときや今の自分の肌に合ったものを使いたいと思ったときに、どのブランドのものにするべきか悩む方は少なくないでしょう。

エリクシールホワイトとベネフィークはどちらも資生堂から販売されているスキンケアブランドですが、どんな違いがあるのでしょうか。

悩んでいる方や迷っている方は、ここでエリクシールホワイトとベネフィークの特徴や価格の違いを知っておきましょう。

エリクシールホワイトとベネフィークの違いは?

ではエリクシールホワイトとベネフィークの違いを早速見ていきましょう。

チェック1:エリクシールホワイトの特徴
エリクシールは女優の篠原涼子さんがCMをしていることで知られていますし、ドラッグストアなどでポスターを見かけたことがある方も多いでしょう。

㈰どんな人に向いている?
エリクシールの中にエリクシールホワイトが存在し、エリクシールホワイトはうるおいとハリだけでなく顔の明るさを欲する方に向いているスキンケアラインとなります。

エリクシールのブランド特徴はエイジングケアということだけではなく、ハリと透明感で肌を満たし「つや玉」が輝く肌へ導くことを目的としています。

エリクシールホワイトは大人の美白ケアアイテムとなり、顔印象を明るく導くことができるシリーズとなるので、エイジングケアをしながら肌の明るさも保ちたい方におすすめです。

美白有効成分として4MSKが配合され、メラニンの生成を抑制しシミやソバカスを防ぐ効果にも期待がもてます。

㈪価格帯は?
エリクシールホワイトの中でも人気の高い化粧水“エリクシールホワイト クリアローションC”は3つの使用感が販売されています。

この化粧水を例にとり価格帯を見ていきましょう。

エリクシールホワイトクリアローションCはさっぱり、しっとり、とてもしっとりの3種類でいずれも170mlで4320円(税込)です。

詰め替え用は150ml、3780円(税込)で販売されているのでお得ですね。

チェック2:ベネフィークの特徴
ベネフィークはベーシックなケアからスペシャルケアアイテムだけではなく、サプリやエステにまで力を入れているブランドです。

㈰どんな人に向いている?
ベネフィークではベネフィークジーニアス、ベネフィークBM、ベネフィークIM、ベネフィークAC、ベネフィークマルコンといったシリーズに分けられて販売されています。

エリクシールではエリクシールホワイトが美白ラインとなりますが、ベネフィークではBMシリーズが美白ラインに匹敵します。

ベネフィークのコンセプトは毎日忙しい方の肌悩みに“お疲れさま”の気持ちをこめてリセットタイムを提案し、新たな日々を送れるような応援をすることにあるのでそうした気持ちを持っている方にもおすすめです。

美白有効成分はm-トラネキサム酸やビタミンCエチルが配合され、エリクシールホワイトとでは成分の違いがあるということになります。

㈪価格帯は?
BMシリーズのベネフィークローションはエリクシールホワイト同様3つの種類が販売されています。

㈵は夏におすすめ、㈼は春や秋におすすめ、㈽は冬におすすめといったように季節ごとに分けられた使用感となっています。

各200mlで5940円(税込)、詰め替え用180mlだと4860円(税込)で販売されています。

エリクシールホワイトとベネフィークでは容量も異なりますが、価格にもやや違いがあるということになりますね。

両者はどこで買えるの?

エリクシールホワイトとベネフィークではコンセプトが異なるということや、価格にも違いがあるということがわかりました。

では両者の商品はどこで買うことができるのでしょうか。

エリクシールホワイトもベネフィークも資生堂から販売されているため、資生堂の公式サイトから確実な販売店舗を確認することができます。

化粧品専門店や総合スーパー、ドラッグストアにて販売されていることがほとんどです。

ただしベネフィークの場合はドラッグストアでの取り扱いがないので注意が必要です。

どこの店舗で購入できるのかを予め知っておきたい方は、資生堂の公式サイトにてチェックをして購入するようにしてくださいね。